山陽塩業株式会社 サイトマップ
TOP 会社案内 主な取扱い商品 採用情報 お問い合せ
TOP山陽日記2007年03月01日

山陽日記


発行日:2007年03月01日
瀬戸内の春イカナゴ
瀬戸内に春を告げるイカナゴ漁が、2月28日より解禁になった。
イカナゴ漁とは、2月下旬から4月にかけて船曳網の船団がこの群れを追います。兵庫県は全国でもトップクラスの水揚げがあり、地元でもイカナゴの新子のくぎ煮を炊く家庭がたくさんあります。イカナゴは水面を長い群(玉)になって泳ぐので、玉筋魚(いかなご)と呼ばれます。名前の由来は「いかなる魚の子なりや」何の魚の子か判らなかったことからイカナゴと呼ばれるようになったと言われています。NT

【イカナゴ成育】
 ・産卵は12月中旬〜1月上旬
 ・3月〜4月にかけて全長3〜7cmに成長
 ・6月下旬〜12月上旬まで夏眠(暑さが苦手)
ページトップへ
 
サイトマップ